2015年01月25日

JOSF 開幕戦!

2015年のJOSFオープニングレースに行ってきました。

IMG_2249

が、ゲートシステムに問題が発生して、なかなか始まりません。

IMG_2253

暇を持て余して、バイクのクリーニングをしたり。

IMG_2256

ランチを先に済ませたり。
もう、今日はこのままレースは開催されないのでは?と思ったころにゲートの部品が到着。
レースが始まったのはとっくにお昼を過ぎたあとでした。

8137

Photo by gr4gou

コースコンディションもかなり劣悪でした……。
結構雨が降ったあとなので、霜が溶けてグチャグチャです。
特に日陰になる第2、第4バームは終日乾かないまま。
そんなこんなで予選敗退で終了〜。

これから1年、怪我なく楽しみたいと思います!


 
posted by wa+ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

宮部みゆき「ソロモンの偽証 第1部・事件」「ソロモンの偽証 第2部・決意」「ソロモンの偽証 第3部・法廷」

2015012401.jpg2015012402.jpg
2015012403.jpg2015012404.jpg
2015012405.jpg2015012406.jpg

宮部みゆきの大作ミステリ。
全体は3部構成になっています。
転落死した中学3年生、柏木卓也の死の真相を突き止めるために、殺害容疑を掛けられた不良・大出俊次を被告人とした学生だけの学校内裁判を開廷するストーリー。
学校内裁判で検事を務めた藤野涼子のその後を描いた文庫書き下ろし短編「負の方程式」も収録されています。

第1部では、柏木卓也の死を巡る学校内の騒動、大出を殺人犯と名指しした告発状の出現、マスコミの介入と、次々に起こる事件について綴られます。
第2部では、この物語の主人公・藤野涼子が真実を突き止めることを決意し、彼女を検事、柏木卓也の友人・神原和彦を弁護人とした2チームがそれぞれに調査を開始します。
第3部では、いよいよ始まった学校内裁判の5日間の様子が描かれます。

第1部は、救われない事件の連続で読み進めるのに時間がかかりましたが、第2部からは、多様な登場人物の掛け合いで学園小説らしさが加速して、一気にラストまで読み切りました。
ミステリとしては予想の範囲内でしたが、判事、検事、弁護人、被告、陪審員のすべてが学生による法廷のシーンは読み応えがありました。中学生にここまでのことができるものかはさておき、です。

2000ページを超える大作で、正直、消化不足な点もありましたが、満足しています。


 
posted by wa+ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

2015シーズン

image-9e21d.jpg

JOSFのゼッケン番号は、昨年と同じ「9」。
今年は何度決勝に進めるかな〜。


posted by wa+ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

泥落としソロライド

昨日のジャンプクリニックで、タイヤにこってりと泥のついたCove Hookerでソロライドしてきました。
落ち葉サクサクのトレイルを走れば、タイヤもきれいになりますからね。

DSC05369

シートポストを伸ばせば、トレイルバイクに早変わり。
もともとアクション系でシートチューブが短いフレームなので、XCポジションを出そうと思うとものすごくシートポストをあげないといけなくて、見た目的にちょっとカッコ悪くなっちゃうんですが、ドロッパーポストだとあまり違和感がありません。

DSC05416

今日はZコーナー方面に下ってきました。
少々短いですが、縦横のうねりが楽しいルート。今が走りどきです!


 
posted by wa+ at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

DAIKI Free Ride Mountain Bike Logic Jump Clinic(長い)

DSC05279

DAIKIFR MTB LOGICのジャンプクリニックに行ってきました〜。
久しぶりのダイキランドです。

今回は当初リボーさんとご一緒する予定だったのですが、残念ながらインフルエンザに罹ってしまったとのことで、リボーさんのキャンセル分でイッチー、KMRさんが参加することになりました。

IMG_2241

バイクはCove Hooker。フロントシングル×ラージコグ、さらに125mmのドロッパーポストをインストールすることで、一瞬でトレイルバイクにも、本来のスロープスタイルバイクにも切り替え可能になりました。

DSC05293

IMG_2229

しかし、ジャンプは奥が深いですね。
基本の踏み切りだけでも色々考えることがあります。
両輪で踏み切るか、後輪で踏み切るか、リップを最大限使って踏み切るにはどうすればいいか、リップの角度の変化にどう対応したらいいか。etc……。
ダイキくんのスクールでは、1つ1つの悩みや症状に的確な対処方法を伝授してくれるので、怪我のリスクを最小化しつつ、効率よくテクニックを身につけることができるようになっています。

特に僕らオジサンは怪我ができませんからね〜(笑)。

DSC05359

基本のジャンプをしっかり習得して、トリックの1つもできるようになりたいです。
DAIKIFR MTB Parkでの活動は3月までということなので、できるかぎり機会を作って参加したいと思います。

 
posted by wa+ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

祝復活ライド!

DSC05262

今日は嬉しい日でした。
去年、脳梗塞で倒れたISKWさんが約10ヶ月のリハビリを耐え、トレイルライドに復活です!
出会って握手したときにしっかりと手を握り返してくれたのが何より嬉しかったです。
食習慣の改善の成果か、筋肉が落ちたからか、その両方だと思いますが、以前より10kgほど体重が落ちたそうです。

DSC05272

さすがにブランクが長くて、以前と同じようにはもちろんいかないのですが、これからまたトレイルを走り込んで筋肉が戻ったら、ダイエットの効果も相まって今まで以上のMTBライダーになるんじゃないかと。

とにかくお帰りなさい、ISKWさん!


 
posted by wa+ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

2015年の走り初め

ようやく普通に夜寝て、朝起きられるまでに回復したので、遅くなりましたが今年の走り初めに行ってきました。正直、体調はまだまだ完全とは言えませんが、正月休みに一度も乗らないのもつまらないですよね。

P1110792

初ライドの相棒は、Hummer 650Bです。
といっても、いつものHummerにHustler 650Bのホイールを装着しただけです。
どちらも1x11仕様でホイールも135mm/142mmのコンパチなので、それほど手間が掛からずに換装完了。

P1110793

何も考えずに付けてみましたが、分かっちゃいたけど、タイヤのクリアランスは結構ギリギリですね。
フロントはこんな感じ。フォークブレースとの間隔は5mmくらいかなー。

P1110799

リア側もこれくらい。シートステイのブリッジとの間隔はこれまた5mmくらい。
サイドはやや余裕があります。

P1110802

リアのBB側は余裕アリ。
いずれにしても今のクリアランスだと、ドライコンディションじゃないと走れないですね。
タイヤはMAXXISのHIGHROLLER II 2.3なので、もう少し細めのタイヤにするといいかも。

P1110806

というわけでいざ実走。
ホイールサイズの恩恵は大きいですね。特にハードテールだと効果をてきめんに感じます。
26インチ用フレームに27.5インチホイールを入れた状態で、バイクにまたがって最初に感じるのは腰高感。
BBからサドルまでのサイズは変わっていないのに、何となく、大きなサイズのフレームに乗ったときみたいな感じですかね。
ホイール直径が約3cm大きくなっているので、BBハイトは約1.5cm上がった状態になります。
重心が上がっているので、乗り慣れないと不安定感があるかもしれません。
まあ、今日走ったコースだとそれほどテクニカルなところはないので何も不安はなかったけどね。


結論としては。
やっぱり専用フレームがいい!(当たり前)

ちょっとスタートが出遅れちゃいましたが、今年も怪我なくたくさんライドします!


 
posted by wa+ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

ドレスアップパーツ♪

昨年のチャリスマスでTakaサンタさんからプレゼントをいただきました。

P1110784

Hookerのリアユニット固定用のカラーチタンボルトでぇす。
機能に貢献する部品ではないですが、軽量化&おしゃれのためのパーツです。

Takaさんのバイクは、いつもこういった細部に渡るこだわりが凄くて、同じCoveでも一味違う仕上がりなんですが、その恩恵にあずかることになりました。

P1110787

P1110790

ユニットボディが汚いのはご愛嬌ってことで(笑)。
Takaさん、ありがとうございました!


 
posted by wa+ at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖6 〜栞子さんと巡るさだめ〜」

2015010201.jpeg

寝ようとして横になると咳が〜寝るのを諦める〜1冊読み終わるのパターンです。マズイなぁ。

栞子さんの怪我の原因を作った古書ストーカー(っていうのかしら)田中が再登場。
物語は再び太宰治の「晩年」の謎を巡って展開されていきます。
栞子さんと五浦くんの恋の云々はさておき、今回も本好きなら興味津々の薀蓄が楽しめました。

正直、このシリーズがどうしてそれほど売れたのか、よくわかりません。
みんなそんなに本好きなの?


 
posted by wa+ at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

仁木英之「僕僕先生 零」

2015010101.jpg

年が明けました。去年は年末に不幸があり、自身も風邪にやられていまだ病と闘っている最中ですが、本年もよろしくお願いします。

夜になると咳が悪化して寝られないので元旦を迎える前に読み終えました。そこからようやく眠りについて、目が覚めたら雪。
本作は、新潮文庫nexレーベルから出た文庫書き下ろし作品です。同レーベルの他の作品を見ると、ラノベ用のレーベルなのかな?と思わせる内容ですが、特に気にせず読みたいものは読もうと思います。

王弁くんと出会うはるか昔、人類が生み出されたばかりの世界を描いています。〈僕僕先生〉シリーズでは少しずつしか語られない僕僕先生の過去を描いた作品です。
西王母、炎帝、黄帝が支配する世界のバランスが崩れ始め、水の精・拠比とペアを組む僕僕は、老君が世界を生み出すのに使った宝具「一」の欠片を探すことに、といった内容。
これはこれでシリーズ化していくのかもしれませんね。


 
posted by wa+ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。