2014年07月26日

Hookerのクランク交換

P1100811

Hookerを組み上げて、1つだけ不満だったのがクランクです。
RaceFace DEUS で組んだんですが、すぐ緩んできてしまいます。8mmのアーレンキーを持ち歩いて、30分ごとに締め直すのはとてもストレス……。
また、それとは別に30TのNarrow/Wideのチェーンリングを付けているのですが、クランクのスパイダー部分がチェーンデバイスのアッパーガイドに干渉してしまうので結局32Tの位置で使うことになってしまいます。

というわけで、Truvativ X9のクランクとAbsolute BlackのSpiderless Chainringの組み合わせに変更しました。
SRAM、Truvativのクランクは裏側の3本のボルトでスパイダーごと外れるシステムになっているので、こういった変更にも簡単に対応できます。
まあ、チェーンデバイスを使わなければ済む話なんですが……。

P1100806

これで完璧です。


 


posted by wa+ at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。