2014年06月13日

仁木英之「海遊記 義浄西征伝」

2014061301.jpg

天竺に行って仏教の教えと経典を持ち帰った人物と言えば、有名なのは三蔵法師こと玄奘ですが、実はほかに法顕、義浄の2人がいます。
玄奘と法顕は陸路で西征しましたが、この物語の主人公である義浄は南海航路を使って天竺へと旅しました。

はじめは歴史小説かと思いきや、幼馴染みの女性と再会するあたりから、神仙・妖異の類いの気配がしはじめ、後半はいつもの仁木ワールドといった感じ。
それがどうにも中途半端な印象でした。
続編があるのか微妙ですねー。


 
posted by wa+ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399392875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。