2011年12月25日

”夜”という名を持つレンズ

P1030578

今年1年いろいろあったけれど、どうにかこうにか頑張れた自分へのご褒美に、レンズを買いました。
Voigtländer NOKTON 25mm / F0.95
”夜”の意味を持つ”NOKTON”は、F値の低い明るいレンズに付けられるモデル名です。
マイクロフォーサーズフォーマットで最も明るいハイスピードレンズです。コシナもニッチな製品を作ってくれますねー。

P1030576

F0.95は、人間の目よりも明るいレンズということになります。
しかも、機械式のレンズでMFです。
F値が小さいということは、ピントが合う範囲がとっても狭いということで、背面液晶でのピント合わせはちょっと無理。
ファインダーとマニュアルフォーカス時の拡大表示機能でピント合わせをすることになります。

IMG_6860

ずっしりとした重みがあるので、GH2くらいしっかりしたボディの方が安定しますね。
ピーカンの屋外ではシャッタースピードが足りない(1/4000秒でも遅すぎる)ので、NDフィルターを用意しなければなりません(汗)。

P1030593

フォーカスリングの動きは滑らかで、LUMIXのプラスチックボディのレンズとは高級感がまったく違います。
これでバリバリ撮るぞ〜。

Munich Lupine from Big Col on Vimeo.



こんな感じの動画も撮ってみたい!





posted by wa+ at 22:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はスノーライドできるといいね!
ノクトン持ってナイトライドも!
Posted by boogieride at 2011年12月26日 22:52
boogierideさん、今年は寒いので期待できそうですね!
スノーライド、ナイトライド、やりましょう。
この時期、カメラは結露に要注意ですが、ぜひ。

ていうか、boogierideさんもデジカメいっちゃいましょうよ。
Posted by wa+ at 2011年12月27日 00:03
うん、買っちゃおうかなと。
デジタルは大昔旅行雑誌に記事を書いていた時に使っていた300万画素位のサイバーショットから使ってない(笑)
今はフィルムカメラばかり5台もあるけどヘキサーしか使ってないし。
LUMIXはゴル氏も使っているしおススメでしょか?
希望はマイクロフォーサーズで比較的コンパクトなもの、基本性能が高ければ余計なギミックはあまり必要ないかな。あ、ファインダーははじめから付いていたほうが良いよね。
Posted by boogieride at 2011年12月27日 01:25
マイクロフォーサーズとなると、PanasonicかOlympusです。
レンズは相互に流用できますが、大きな違いは手振れ補正ですね。Panasonicはレンズ側で、Olympusはボディ側で手振れ補正をしています。
そのくせ、Panasonic製のレンズには手振れ補正が付いていないものもあるので、Panaのレンズ+Olympusボディだと手振れ補正が効いていいとか……。

僕が使っているLUMIX GH2はファインダーがありますが、最新機種のLUMIX GX1は後づけ、GF3は後づけもできなくなっています。GH2の弟分でG3というのがありますが、ちょっと安っぽい外観なのでオススメしません。
OlympusのPenシリーズも基本的に後づけになります。

GH2は使いやすいですが、GX1やPenシリーズほどコンパクトではないです。あと、そろそろGH3が出る噂も……。

Posted by wa+ at 2011年12月27日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。