2010年04月21日

スタート比較

ショートトラックレースでの課題の一つがスタート。
ランダムスタートの動き出しのタイミングが合っていないのもありますが、スタートが遅いのにはほかにも理由があるようです。
というわけで、4月の定期戦の写真でスタートの比較をしてみます。
写真はAkabaneVisionFilmWebさんから拝借しました。

2010042102.jpg

お手本はこちらの速い人たち。今月優勝したCharge Bike渡辺勇大選手(一番奥)のスタート姿勢を参考にします。
踏み込みながら、上体は割と立ったまま、ハンドルバーを身体に引きつけるように自然にフロントホイールが浮き上がっています。それにしても、倒れていくゲートにフロントタイヤがくっついているみたいに見えますね。

2010042101.jpg

wa+の予選スタート。明らかに頭の位置が下がっています。ゲートはとっくに倒れているのに、まだ動き出したばかりみたい。。。
奥の方のイッチーさんも、むしろwa+より頭の位置が下がっています。

2010042103.jpg

一番奥で見づらいですが、リボーさんの予選。こちらも上体が深く折れて前のめり気味になっています。
一番手前のakiさんは、さすがにゼッケンNo1だけあって、渡辺選手と近い姿勢が出来上がっています。

まずはこの姿勢を意識して練習しましょう。




posted by wa+ at 22:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い記事だ。

現場で言葉で説明してもうまく伝わらないケド、画像で比較すると気をつけるべきポイントが明確に分かりますね!
イメージが大事です!

早く人間になりた〜い・・・
Posted by 4gou at 2010年04月23日 17:33
スタンディングしているだけで精一杯なのですが、練習してみます!
Posted by ribo at 2010年04月23日 22:15
映像で確認すると、自分の悪い癖がよくわかります。
自分ではそんなつもりがなくても、顔が下を向いていたりね。

本当は、リズムセクションの走りを真横から動画で比較してみたいんですが。。。

Posted by wa+ at 2010年04月24日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。