2009年10月08日

フィルム。

今回のカナダへの旅には、PEN FTを持っていきました。
最近デジタル一眼レフが発売されましたが、これはもう30年以上前の銀塩カメラです。

今回はフィルムスキャンにチャレンジしてみました。
ハーフサイズという特殊性(35mmフィルムの1コマに縦長の写真が2コマ入る)から、最近のスキャナーでは正しく半コマを認識せず、2枚1コマでスキャンされてしまうのですが、これだと絞りや光の条件が違う写真を同一の条件でスキャンしてしまう問題があります。スキャンしたあとPhotoshopで分割するのも面倒だし。
そこで、ヤフオクで中古のCanoscan 5400Fを購入。このころのスキャナーだと、ちゃんと半コマずつ切り出してくれます。

PENFT200910070006

PENFT200910070015

PENFT200910070022

PENFT200910070019

PENFT2009100700291

PENFT200910070040

PENFT200910070048

PENFT200910070051

現像はいつものローソンプリント。
フィルムカメラの世界も、古くて新しい感じで好きです。



posted by wa+ at 02:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいね〜。次は、モノクロで撮って自分で現像してみれば。
引伸機の中古ゲットすればできるよ。
Posted by hotta at 2009年10月08日 11:08
暗室っすか。。。
もう少し写真の勉強したら、今度はリバーサルフィルムに挑戦してみようかなと思っています。
PEN FTは内蔵露光計が付いているんですけど、フルマニュアルなので露出オーバーだったりアンダーだったり、失敗も多くて。
それも一つの面白さではありますね。


Posted by wa+ at 2009年10月08日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。