2014年12月31日

2014年シーズンのレース総括

復調しないままに大晦日を迎えてしまいました。
毎年恒例ですが、この1年間のレース結果を振り返ってみます。

◯ JOSF 緑山 MTBエキスパートクラス
 最終ランキング12位。
 3戦欠席して全9戦に参戦。うち決勝進出は2回とあまり改善されていません。
 今年は、昇格にリーチをかけていた4gouさんが苦節の末にエキパに昇格したメモリアルイヤーでしたね。
 昇格を決めた月に欠場だったことが悔やまれてなりません(笑)。

◯ 4月 緑山MTBフェス 2014年春
 男子ペア1時間30分耐久レース:10位/17チーム。
 天候不順のため70分に短縮。ドロドロでしたね。

◯ 4月 パレ那須ショートダウンヒル
 スポーツクラス:リザルト不明
 リザルトが残っているWebサイトがないので結果は不明です。
 初めてのパレ那須でしたが、アットホームな雰囲気で楽しく過ごせました。

◯ 8月 乗鞍MTBエンデューロ
 マスターズ40:45位/76人中
 今年初めて開催されたエンデューロレイアウトのレースに参加してきました。
 1日目の夜にはBANFF Film Festivalに参加したり、レース以外のところでも楽しめましたね。

◯ 11月 A&F 24H MTB CUP 2013
 オープンの部:8位/43チーム中(総合順位:10位/55チーム中)
 前年はHEARTVIEWとの連合チームでしたが、今年はほぼG-Ride Racingのメンバーでチームを構成。
 生憎の雨で超絶ハードなレースになりましたが、24時間戦い抜いてこのリザルトは立派!
 来年も参戦したいな〜。

もうちょっとイベントに参加したかったな、という思いもありますが、まあこんなものかな。


 
posted by wa+ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

仁木英之「鋼の魂 僕僕先生」

2014122901.jpg

発症から5日目。風邪がなかなか治りません。最初は熱と鼻水だけだったんですが、熱は落ち着いたものの咳が出るようになってきました。こうなってくると長引きそう……。
ライドできないのって退屈ですね〜。
しかたないので未読の本をどんどん読んでいきましょう。

去年最後に読んだのも〈僕僕先生〉シリーズでした。年1冊のペースで刊行されるとすると、来年もこの時期に次の作品を読んでいることでしょう。
南へと旅を続ける一行は、雲南にたどり着きました。
ここは、唐、吐蕃(チベット)、南詔の3国の中間に位置する国境地帯です。大国の覇権争いに巻き込まれた一行の運命やいかに。というお話ですが、唐の暗殺集団〈胡蝶〉のトレジャーハンター宗格之のストーリーが主旋律となっています。父の仇として宗格之の命を狙う紫蘭とともに、戦乱で親を亡くした子供たちを育てていくにつれて、宗格之に人としての情が芽生えていく過程が、一行の仲間である劉欣と蒼芽香の行く末に重なります。
今後が楽しみです。


 
posted by wa+ at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

伊坂幸太郎「PK」

2014122801.jpg

一読後、もう一度読み直したくなる作品です。
というのも、3つの中編が多視点で描かれていて、それぞれの登場人物の行動が影響を与え合う構造となっているから。
伊坂幸太郎作品は、どれもオリジナリティがあっていいですね。


 
posted by wa+ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

水野敬也「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」

2014122401.jpg

単行本で第3弾が出たのに合わせて、第2弾が文庫化されました。
今回は、うだつの上がらない貧乏芸人のところにガネーシャが現れます。
ガネーシャと一緒に日本一の芸人を決める「ゴッド・オブ・コント」に挑戦することになります。

さらに、今回は主人公に取り憑いていた貧乏神の幸子さんも加わって相変わらずのドタバタストーリーが展開されます。
前作同様、スルスル読めて、気持ちが明るくなる。そんな本です。


 
posted by wa+ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

チャリスマス

P1110736

のっけからこんな写真ですみません(笑)。
23日は友達と西の方のトレイルを走ってきました。
この日は、トナカイやサンタの格好をしてトレイルライディングする”チャリスマス”。
まあ、僕は普通の格好でしたが。

P1110777

841サンタとYossyトナカイ。

P1110753

今回のCove。HandjobとHookerが2台。
Thomsonのドロッパーポストを入れたHookerは最高のトレイルバイクになりました!

P1110756

真ん中のTakaさんのHookerはリペイントを施されリフレッシュ。
左右に塗り分けられた個性的なバイクになりました。ベイビーブルーとチョコレートブラウンは、かつてのCove ファクトリーチームの1軍カラー、2軍カラーなんだとか。

20141223013

サンタが飛ぶ。

20141223010

トナカイも跳ぶ(笑)。

20141223014

僕も飛んでみました。

P1110746

天気も良く最高のライド日和でしたね。楽しかった〜!
そして、なぜかトナカイスーツが僕のところにあります……(汗)。


 
posted by wa+ at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

JOSF 2014 Final Race

IMG_2180

今年最後のレース、JOSF Final Raceに参戦してきました。
相棒の4gouさんはヘルニアのため欠場ですが、その分写真をたくさん撮ってもらいました!

_MG_2385_R

Photo by gr4gou

土曜日にかなり雨が降ってしまったので、当然ながらマッドなコース状況。
そんな中、MTBエキスパートクラスは21名で準決勝ありと多くのライダーが集まりました。
結果の方は6-7-7で予選敗退。
今のエキスパートクラスの中では、はっきり言って勝負にならないくらい遅いwa+ですが、来シーズンもレースは続けるつもりです。
正直に言えば、エリートクラスを復活させていただきたいところですが……。

_MG_2829_R

Photo by gr4gou

何はともあれ、今年は大きな怪我もせず1年間楽しめました。
また来シーズンもよろしくお願いします。

 
posted by wa+ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

Thomson Elite Dropper 27.2

P1110708

Thomson Elite Dropper 27.2mmを買いました。
これまで、27.2mm径のドロッパーポストはGravity Dropper、KOWA、X-Fusion、Kind Shockに選択肢が限られていました。細さからくる強度不足、剛性不足から、ストロークも3インチから4インチに限定されていました。
そんな中で、今年ようやく発売となったThomson Elite Dropper 27.2は5インチ(125mm)ストロークを実現しています。

P1110713

ワイヤーを介してレバーを引くオーソドックスな機構。
後発だけあって、左右のガタは皆無です。動きも滑らかですが、下げた状態でサドルを持っても伸びてこない。
この辺りの作りの良さは、さすがThomsonですね。

P1110719

リモートレバーは改善の余地ありかなぁ。レバーからまっすぐラインが出る形なので、取り回しが難しい。
まあ、軟らかいブレーキ用のアウターなのがせめてもの救いですかね。

P1110727

さて、このThomsonちゃんをインストールするバイクはHookerです。
最初はHummerに付けようかと思いましたが、Hookerの方がトップチューブのスロープがきつくてストロークの多いドロッパーが欲しくなるので。

トレイルで実際に使ってみたかったんですが、雨が降ってしまって残念……!


 
posted by wa+ at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

ナイトライド動画

2014.12.14 Winter Night Ride from wataru takei on Vimeo.


シャッタースピードの設定がよくなくて若干フリッカー(ちらつき)が目立ちますが……。

 
posted by wa+ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

宮部みゆき「お文の影」

2014121801.jpg

「ばんば憑き」というタイトルで新人物往来社からノベルズで出ていたものが改題されて文庫になりました。
こういうやり方で、すでに買った本をもう一度買わされることがあるのですが、今回は大丈夫でした。
文庫が改題されるとやられちゃうんですけどね。
こうしてブログをつけているおかげで、怪しいと思ったら過去の記事を検索するようして難を逃れたこともあります。

江戸怪談もので、三島屋シリーズやぼんくらシリーズのキャラクターが再登場する話もあるのですが、個人的には最後に収められている「野槌の墓」がお気に入り。ほっこりして終わるのもいいですよね。


 
posted by wa+ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

WINTER NIGHT RIDE.

P1110662

24時間耐久レースの練習も含めて、この1ヶ月で4回目となるナイトライドに行ってきました。
昼間のライドとは一味違ったスリル(いろんな意味で)を味わえるナイトライドにちょっとハマっています。

P1110641

見よこの混雑(笑)。
A&F Cupでライトサポートしてくれたアカリセンターのゴルちゃんの呼びかけに応えて10名のライダーが集まりました。この冬一番の寒さの中、よくやるよね〜。

P1110652

ライトの付け方も人それぞれですね。

20141214002

真っ暗な闇をライトの光が切り裂く!

20141214003

夜といえどもチャレンジングなセクションを果敢に攻め……る人もいます(笑)。
これはCove伝道師のTakaさん。

20141214007

こっちはゴルちゃんのバイクを強奪したイッチー。

20141214013

春のナイトライドではミスコースの結果、6時間ほど山中をさまよいましたが、今回はその教訓を生かして21時くらいには下界に戻ってきました。

ナイトライドは装備とコース選びをきちんとすれば、昼間のライドとはまったく異なる新しい体験ができます。
また来年もナイトライドを楽しむぞ〜。


 
posted by wa+ at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

A&F Cup movie

A&F Cup 24H Endurance Race 2014 from wataru takei on Vimeo.



遅くなりました。
雨だったしあまり撮影しなかったので素材が足りない感じ……。
というわけで映っていない人ゴメンナサイ。


 
posted by wa+ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

A&F 24H MTB CUP 2014

今年で3回目となるA&F Cup 24時間耐久レースに参加してきました!
昨年はHEARTVIEWチームにお邪魔してのレースでしたが、今年はG-ride Racingとして8人チームで参戦してきました。

IMG_2119

今年もライト関係はアカリセンター様にサポートをいただき、万全の体制です。

IMG_2122

朝から時折強めの雨が降る生憎すぎる天候の中の試走。
この時点で早くも先行き不安な感じになりましたね……(笑)。
唯一の救いは暖かかったことですね。例年より約1ヶ月遅い開催で死ぬほど寒いのではと警戒していたのですが。

P1110479

いよいよ24時間の戦いの始まり。ファーストライダーはgr4gouさん。HEARTVIEWチームはジャンケンに勝ったboogierideさんです。

P1110496

金色の銀杏の中を行くヨッシー。

P1110510

ゴルちゃんお仕事中。今回、LEDランタンが壊れたのでアカリセンターブースでGENTOSの新しいランタンSOL-013C LEDをゲット!
MAX530ルーメンで一晩中テント内を明るく照らせるランタイムの長さが素敵です。
Yokoと841ちゃんの調理班をサポートしてくれました。

P1110561

16時〜翌朝7時までは、点灯義務があります。
暗くなる前にライトの準備をしておきます。
ヘルメットライトとして、GENTOS HW-000X HEAD WARSと昨年のレースで購入したNITECORE エクスプローラーシリーズ EC1の2灯を装備。
バイクには配光が広くて素直なSILVA TrailSpeedを装着。

P1110524

楽しいナイトレースの始まりです!
G-ride Racingチームは、昨年のレース参加の経験を生かして2人組のサブチームを作って2時間ずつ回していく作戦。
間に6時間の休憩が挟まるので、少しは寝ることもできます。
ぼくはイッチーとのペアで19時〜21時、3時〜5時の担当。結構キツイ時間帯ですよね。

コースコンディションも過酷そのもの。
大勢のライダーでこねまわされた泥で、コースは田んぼ状態。フォークブレースやリアフレームに泥が詰まってタイヤがロックしてしまい、コースのそこらじゅうで泥をかき出すライダーの姿が見られました。
特にフルサスユーザーは苦労していましたね。
転倒により怪我をする選手や、バイクを壊す選手もいました。
ウチでもヨッシーがリアディレイラーごとフレームの一部が持って行かれてご臨終を迎えてしまいました。
新しいバイク買わなきゃね。

P1110546

やがて空も白み始め。

P1110570

メンバーにも疲労の色が濃くなってきました。

P1110592

ラストライダーはエンデューロレースに目覚めたかも?なリボーさん。
HEARTVIEWチームとアカリセンターのバナーを掲げて仲良くゴールに向かいます。

P1110600

ゴーーーーーーール!

P1110615

HEARTVIEWチームは総合3位入賞! おめでとうございます!
我らがG-ride Racingチームは、総合10位とまずまずのリザルトを収めました。

長く苦しい24時間のレースも、終わってしまえば楽しい思い出しか残りません。
悪コンディションに負けずに走りきったメンバーだけでなく、24時間の食事の準備をしてくれた調理班にも感謝! そして、毎年サポートしてくださるアカリセンター様にも大感謝です。
来年もでちゃいますかね〜。

 
posted by wa+ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。